実は男ウケの悪い自分磨きに要注意!

「女子力」を上げるには「自分磨き」が必須!
しかし、女子力アップに繋げるために頑張っている事が、意外にも男性からウケが良くない事があるのです。
あなたが趣味として、日々を充実させるためにハマっていたり努力している事であるのなら、男性から目など気にする必要は少しもありません。
けれど、お見合いパーティーや合コンなどの場で自分をアピールするための武器として頑張っていたとしたら、男性からのウケがイマイチよくない方向に向かっていると、ガッカリする結果になりかねません。
では、どういったものが男性ウケの良くない自分磨きなのでしょうか?
少し考えてみたいと思います。

 

お稽古

世の中には様々な習い事やお稽古事があります。
着物の着付け教室や、お習字教室など挙げ始めればキリがありませんね。
しかし、その習い事は果たして今の時代に沿っているのでしょうか?
習い事をしても活かす所が無ければ、男性から見れば『男を意識し過ぎて頑張り過ぎなんじゃない?』と思われかねません。
その習い事の内容によっては、お付き合いをするとお金のかかる人なのかも。と思われ、敬遠される可能性さえあります。

 

メイク

女性であれば誰しもきれいでいたいですし、いつでもきれいだと思われたいものです。
しかし、その気持ちが走り過ぎて美容部員さんよりも厚化粧になってしまっている方、時々見かけませんか?
厚化粧で『化ける』のではなく、スキンケアに力を入れて『スッピン美人』を目指した方が男性からのウケはいいようです。

 

ブランド物のコレクション

持ち物や着ている物が全身ブランド品で固められてしまっていると、男性としては相手の金銭感覚を疑われてしまいますし、始めのお稽古事の所でも書いたようにお金のかかる人だと思われてしまいます。
特に、お見合いパーティーなどの場では派手になりすぎない格好で臨む方が好感を持ってもらえるようです。

 

ワインに詳しすぎる

デートに行った時の食事の席で、ソムリエかと思うくらいにワインについての知識があって、グルグルとグラスを回していませんか?
男性に限った話ではありませんが、相手は内心ドン引きしています。
知っている知識を披露したい気持ちも分かりますが、何事も「ほどほど」に抑えるのがいいのです。
あと、お酒の強さを全面に出すのもオススメ出来ません。

 

終わりに

いかがでしたでしょうか?
心当たりのある内容はありましたか?
上記の4点はあくまで一例に過ぎませんし、やっていて損するものでもありません。
しかし、合コンやお見合いパーティーでの武器として考える場合、あまり評価アップには繋がらないと心に止めておいた方がいいですね。


このページの先頭へ戻る