もう少しで付き合えそうな男性に効果的なもう一押しメール3つ!

絶対に相手も私の事が好きなのに、なぜか恋愛に発展しない時ってありますよね。
男性って女性とは違い、何かきっかけが無いと相手に素直な気持ちを伝える事ができないものなのです。
しかし、女性の立場からして直接、告白してよ!と言うのも少し悔しかったりするものです。
男性がなかなかハッキリしない時は、メールがポイントになります。
男性が、思わず告白したくなるメールとはどんな文章でしょうか?
3つにしぼって紹介いたします。

 

イベントは1人でいたくない

 

これは女性の本音でもあるのですが、イベントは彼氏と過ごしたいと思いますね。
クリスマスや誕生日など分かりやすいイベントは非常に効果的です。
「もうすぐクリスマスだけど、1人じゃ寂しいし彼氏と過ごしたいなぁ」
「もうすぐ誕生日だから、友達じゃなくて彼氏にお祝いして欲しいな」
白々しいと感じるかもしれませんが、男性には分かりやすくて、非常に効果的な文章なのです。
イベントが無い場合は、自分で作ってしまうのです。
例えば明日が晴れの日だったり、雨の日だと天気予報で分かったとします。
「明日、晴れなんだって。彼氏と公園とかでまったりしたいなー」
「明日、雨なんだって。彼氏がいたら雨でも楽しいのにな」
このように、彼氏というのを意識させるのがポイントです。

 

友達の話

 

私はあなたの彼女になりたいんだよ!という事を伝える為に、友達の話をするのも効果的です。
例えば「友達が最近彼氏ができたんだー。私と遊んでくれなくなったからツマラナイなぁ。私も彼氏欲しくなっちゃった。」
可愛いメールだと思いませんか?
友達の話で濁しておいて、最後に自分の素直な気持ちを伝える事ができるメールの技なのです。
あなたを意識している男性なら、告白しなきゃと思いますよ。

 

メールだからこそ

 

遠回しの文章を打つのは恥ずかしい!という方も多いです。
この場合は、少し強気な文章を送るのも効果的なのです。
直接は言いにくい事でも、メールなら送れるものなのです。
「私と付き合ってみたいって思う?」
「彼女にしたいって思う女の子いる?」
最後をクエスチョンにしているのが大きなポイントなのです。
相手は「付き合って下さい」と言うしかありません。
つまり「告白しないの?」を言い換えただけの強気のメールなのです。
告白しないの?ではあまりにも言わせているだけになるので、相手に確認しながら言わせる事ができるカモフラージュしながらのメール術なのです。

 

おわりに

 

これらは、なかなか告白してくれない消極的な男性に、非常に効果的なメール術です。
あと一押しなのに!とヤキモキしている時に是非送信してみて下さい。


このページの先頭へ戻る